今日は「こどもの日」ですね!先日、高知方面に出かけたときにちょうど見ることができた、四万十川「鯉のぼりの川渡し」です!





 

高知県十和(とおわ)「鯉のぼりの川渡し」

高知県の西の端っこに位置する、西土佐地域。

めちゃくちゃイケてる道の駅「四万十とおわ」や、四万十カヌーが楽しめる江川埼(日本最高気温を記録した町としてもニュースになりました)、更に昨年、道の駅「よって西土佐」が新たにオープン!するなど、高知県の最果てであるにもかかわらず、いろいろと元気!なエリアです。

そんな西土佐のJR予土線「十川」から程近い場所で、毎年開催されているのが「鯉のぼりの川渡し」です。

 【十和の風物詩】四万十川に鯉のぼりが泳ぎ始めました

 フォトスポット076 四万十川こいのぼりの川渡し

 

四万十川沿いを走る、国道381号線沿いにある「こいのぼり公園」。

駐車場があるので、四万十川沿いのドライブの途中、駐車場にちょっと車を停めて、四万十川に渡された「鯉のぼりの川渡し」をゆっくり眺めることができます。

ぼくらもまさにそんな感じで車で立ち寄って、鯉のぼりを眺めました。

 

 

対岸の山の上から、頭上をずーっと鯉のぼりが泳ぎ、背後の予土線の線路の上の山まで、かなり長~い距離を渡されている鯉のぼりです。

四万十川:十和の風物詩。

ぜひ、GWに四万十川を旅する際には、お立ち寄りください!

 





 

「道の駅四万十とおわ」のこいのぼり!

そんな十和町の「鯉のぼりの川渡し」を楽しんだあとは、そこから車で5分ほどの場所にある、全国レベルでもかなりイケてる道の駅四万十とおわ」がおすすめ!です。

「とおわ」については、また改めて別記事でご紹介させていただこうと思うのですが、ちょうど十和(とおわ)の「鯉のぼりの川渡し」を見た、同じ日に立ち寄ったところ、道の駅「とおわ」にも、こいのぼりが泳いでました。

 

いいですね~!左下に後ろ姿が写っているのはひーくんです。

道の駅とおわの、四万十川を一望できるテラスに泳ぐ、こいのぼりたち。

このテラスから、四万十川の水際まで降りることができる!のが、道の駅とおわの素敵なところ。

このときはご機嫌ナナメでぐずりまくってたひーくんw

実は!「こどもの日」である今日が、ひーくんのちょうど1歳半のバースデーなんです!

パチパチパチパチ~ ♪

なので盛大にお祝いしよ~!と奥さんと話していたのですが、なんと奥さんとひーくんが体調不良でダウンw 1歳半バースデー&こどもの日のお祝いは、二人の調子が戻ってから、また改めてしよう!ということになっています。

というわけで、四万十川のこいのぼりでした!

 


 

四万十町:鯉のぼりの川渡し

アクセス:予土線「十川駅」から徒歩5分。または高知自動車道須崎東ICから車で90分。

問い合わせ:0880-28-5111

 

道の駅四万十とおわ公式サイト

 


 

◎  Mercado Blog に戻る