2歳児ひーくんと四国旅!もう去年の旅行ですが、ばーばと一緒に巡った小豆島・高松の旅です!インスタ映えする「二十四の瞳映画村」と「エンジェルロード」が登場する小豆島編です~!





四国の旅!|小豆島・高松旅行|2017年11月6日~11月9日


 

2017年もばーば四国やって来た!

 

すでに、半年も前のことになってしまいました!

去年2017年)の11月に、東京のばーばがまた四国に来てくれまして、

その時、ばーばとひーくん&ぼくら夫婦で巡った、

小豆島高松旅行記をお届けします~!

今回はなるべくダイジェストで!  詳細を語りたいポイントは別記事にします!

↓↓↓ 前回の、ばーばとひーくん四国の旅!

ひーくん、ばーばとしまなみ海道&尾道を旅するの巻 Part.1

 

さて、今回は愛媛ではなく香川県へ。

待ち合わせも高松空港でした。

ひ~くん~! しまなみ海道を旅したとき以来、ばーばと1年ぶりの再会。

四国!香川!高松!といえば、

みんな大好き 讃岐うどん!です。

空港から、とりあえずみんなで、

讃岐うどんを食べに行きました~。





 

大行列の超有名店さか枝うどん

 

ぼくら家族は、高松に来るたびに製麺所巡りをする讃岐うどん大好き家族

でも意外に、市内のお店に行ったことは少なく、

今回は、行ったことのなかった有名店さか枝うどんさんへ。

「さか枝うどん」さんは、南新町店、春日店と3軒ありますが、今回行ったのは本店。

正午前だったのですが、すでにものすごい行列でした!

もう少し遅かったら諦めてたかも。ギリギリセーフ。

ぼくと奥さんとひーくんは、ぶっかけ大260円)+げそ天をシェア。

ばーばは、釜あげ小(210円)を注文。

いやもう うまかった!です。文句なし!でした。

もっちりで、コシのある、さすが超有名店!な美味しい讃岐うどんでした。

そりゃこんだけ毎日行列しますわ。

いや~、大満足!

うどん さか枝(食べログ)

 


 

フェリーで小豆島へ!

 

讃岐うどんで、かなり満足してしまいましたが笑

いざ!小豆島へ

ぼくらは、サンポート高松から小豆島国際フェリーを利用。

池田港行きのフェリーに乗りました。

小豆島・池田港行きのフェリーチケットを購入。車ごと乗船します。

ぼくらが乗ったフェリー。

わが家のサクシードくんも一緒に乗船。

高松から小豆島の池田港までは、約1時間の船旅です。

 小豆島国際フェリー池田港行きのダイヤ・運賃はコチラ

 


ぼくらは池田港でしたが、小豆島の港は他にもあるので、ホテルや目的地によって使い分けましょう!


1時間だったので、ほどよくのんびり。

船酔いしないようにばーばは外のベンチで。ひーくんは船内を走り回ります。

フェリーの上の階にこんなすべり台ありました。

ひーくんがすべり台すべれる!ということだけで、ばーばは大喜び。

ぼくら夫婦には毎日のことでも、

ばーばにとっては年に1、2度の孫との触れあいです。

という感じで、そろそろ到着!

さあ、降りるよ~!

小豆島に到着~!上陸~!

まずはホテルへ…と思ったら、チェックインまでまだ時間あったので、

さっそく小豆島観光してみることにしました。





 

かなりのインスタ映え!二十四の瞳映画村

 

とりあえず、ばーばが行ってみたいという二十四の瞳映画村」を目指します。

ちょこちょこ寄り道しながら、島の東側へ。

偶然通りかかった、野天桟敷。

魚がいっぱいいた防波堤。

ちょっと道を間違って、海岸線沿いを走ること1時間(ほんとは30分ぐらい)。

岬の端っこにある二十四の瞳映画村に到着!

ばーば世代にはたまらない聖地!なのでしょうね。

二十四の瞳映画村公式サイト

ここが実際に映画が撮影されたロケ地だそうで、

そこに映画「二十四の瞳」のオープンセットを集めて改築したのが、

「二十四の瞳映画村」ということみたいです。

この中の木造小学校のセットが情緒に溢れていてすご~くよかった!です。

ただ、全体的にはやや観光地感強め。

それっぽい一角もあります。

でも、海岸まで来るといい雰囲気に。

そしてここ!この木造小学校セットは、かなり雰囲気あっておススメ。

自然光がイイ感じ。廊下も木造。

ばーばもちょっとテンションUP。

この自然光がかなりインスタ映えしそうって思ったら、それっぽい女子たちも。

実は、ばーばは、ほんとに元小学校教師。様になります。

せっかくなので、映画村全体をぐるっと散策。

ここは、映画「二十四の瞳」が上映されているミニ映画館。

入場者は無料で観れます。

というわけで「二十四の瞳映画村」でした!

小豆島インスタスポットの宝庫だと思いますが、ここもその1つ!ですね。





 

ばーば2つ目の目的地エンジェルロードへ!

 

さて、時刻も夕方近くなってきたのでホテルへ。

宿泊したホテルは小豆島国際ホテルです。

ここは、小豆島観光の目玉スポットの1つでもある、

エンジェルロードに最も近い!というか目の前のホテルです。

小豆島国際ホテルの予約はコチラ!(楽天トラベル)

今回、小豆島でばーばが必ず行きたい!とリクエストしてたのが、「二十四の瞳映画村」と、このエンジェルロードだったので、ホテルを手配してくれたぼくの妹が「小豆島国際ホテル」をチョイス。

小豆島国際ホテル。エンジェルロードとはこの距離感!エンジェルロード目当ての方は超おススメです。

エンジェルロードとは?

潮の干満で現れる砂の道。

エンジェルロードが現れると、海岸沖の小さな島(余島)へ渡ることが出来ます。

旅猿にも登場しましたね。カップルが手をつないで渡ると成就するとかなんとか。

で、このエンジェルロード。

干潮の時しか現れないので、

島に渡れるタイミングは1日2回!

朝と夕方だけ。

 

事前情報では、ホテルに着いた時間ではもうムリ、

というはずだったのですが…、

あれ!?渡ってる渡ってる!!

まだいけるじゃん!と、ぼくらも急いでエンジェルロードへ。

砂に気を取られてビーチで遊び始めるひーくん。

ひーくんはやくはやく!

今日は無理かと思っていたエンジェルロードへ!

潮は満ちて来てて、足下がこんな感じの箇所もありましたが、

無事渡れました~!

ばーば、初日にして旅の目的2つとも達成!

エンジェルロードは、この先も行こうと思えば行けるみたいですが、ぼくらはここまでで十分。

ホテルをバックに市毛家3世代記念撮影。

いや~よかったよかった。

というわけで、前編はここまで!

 

つづく

 

小豆島国際ホテルの予約はコチラ!(楽天トラベル)

 


 

二十四の瞳映画村(公式)

小豆島国際ホテル(公式)

 


 

◎  Mercado Blog に戻る