万年荘. 滑床渓谷, 松生町

 

滑床渓谷へ遊びに行く方におすすめのスポット、万年荘(滑床アウトドアセンター)のご紹介です。

マイナスイオン溢れる松野町最大の癒しスポット、滑床渓谷。その入口にある万年橋のたもとに佇む、赤い屋根の建物、それが万年荘(滑床アウトドアセンター)です。ちょっと古い建物なので、一見なんの施設かわかりにくく、「万年荘」という名前から、宿泊施設かな?と思うかもしれませんが、ここは誰でも無料で利用できる「休憩所」。簡単な食事なんかも出来ますが、何も注文しなくてもOK、気軽に利用&お立ち寄りOKなビジターセンターなのです。

滑床散策に訪れたなら、立ち寄らないともったいない、万年荘。休憩無料、Wi-fi無料、ハンモック無料!もちろん「滑床アウトドアセンター」なので、山登りの案内や、ネイチャーガイドの手配(お申込先は森の国ホテル)など、滑床を熟知したスタッフになんでもご相談頂けます。他にもいろいろ便利な万年荘ですが、松野町の人にとってはその存在は当たり前すぎて、なかなか紹介されにくくもある万年荘。そんな万年荘を、今回はどーん!とご紹介。

mannen_11

そんな万年荘、外からはわかりにくいですが、中に入るとこんな感じです。どうですか、この窓際の森林浴。ハイキング前の準備や、川遊び後の休憩などに、このスペースを自由に使って頂いて構いません。それが万年荘です。持参したお弁当を広げてもらってもOK(ゴミは持ち帰りましょう)。簡単な食事やコーヒーをご注文頂くことも可能です。そして注目すべきは、手前にちらっと見える山形模型。これ、万年荘のスタッフによる手作りなんです。

 

mannen_01

じゃーん!すごいですねこれ。見てるだけでその労力を思うと気が遠くなります。滑床はこれから紅葉の季節になり、山登りをする方がたくさん訪れます。滑床の山、つまり鬼が城山系は、平面の地図でみるとあまりそう見えないらしいのですが、実は意外と高低差が激しいのだそうです。そのことを、これから登ろうとする方に説明するのに「こういうのがあれば便利だよなあ」と、作ってしまったのがこの山型模型。実は先日、この山型模型の取材に万年荘を訪れまして、その際にいろいろ撮影した写真で、今回のブログを書いています。

 

mannen_07

外には、誰でも寝てOK!なハンモックも。もちろん無料!です。写真では見えませんが、すぐそこに滑床渓谷が流れているので、森林浴をしながら、渓谷のせせらぎに包まれながら、マイナスイオンたっぷりの風に吹かれながら、最高の昼寝が楽しめます。

 

mannen_02

もうひとつご紹介したいのが、このFree Wi-fi。実はこの滑床渓谷、一部の携帯電話は電波が届かず繋がりません。そんな方への救世主となるのが、万年荘のWi-fi フリーです。写真をご覧頂ければおわかりのとおり、パスも壁に書いてあるので、誰でも自由に利用できます。

そして気になる、隣の貼り紙。

mannen_05

そう、こちらです。万年荘では、渓谷内の管理釣り場で魚釣りが楽しめる、貸し釣り竿もやっています。「1500円?高い!」と、思う方もいらっしゃるかと思いますが、これ、実はそうでもないんです。貸し釣り竿でよくあるのが、「釣った魚はお買い上げ頂きます」というシステム。竿は安くても、結局2000円ぐらいかかったことありませんか?万年荘のシステムは、釣った魚は無料でお持ち帰りOK!なのです(3匹まで)。滑床キャンプ場でキャンプをされるファミリーの方には超おすすめ。滑床で釣りをして、釣った川魚をキャンプで塩焼きにして食べたら最高ですね!

☆毎年10月~2月末までは禁漁期間です。それ以外の期間はいつでもご利用いただけます。

mannen_04c

もうひとつ!今回ぼくも初めて知ったのが、こちらのソフトクリームサービス。写真の注意書きをよく読んでください。万年荘のソフトクリームは、なんと「自分で作れる!」のです。見たことはあるけど、やったことない!という方多いと思います。自分で、コーンを上手にまわして、きれいなソフトクリームを作れるかどうか、そんな遊びも楽しめてしまう万年荘。ふつうにソフトクリーム買う値段で、かなり楽しめてしまうと思います!おすすめ!

 

mannen_12

さらに、キャンプ場利用される方に人気の「ミニキャンプファイヤーセット」なども販売中!野生のサルにも会えます。

もうひとつ、こちらの万年荘で出来るのが、滑床キャンプ場の予約です。

mannen_08

mannen_09

万年荘から歩いてすぐ、森の国ホテルの吊り橋のたもとにある、滑床キャンプ場。こちらの利用受付も万年荘で行っています。上の写真が、滑床渓谷の川岸にある滑床キャンプ場です。下の写真が、キャンプ場の目の前を流れる滑床渓谷です。この辺りは流れも穏やかなので、夏場にはお子様でも川に入って川遊びを満喫できます。

そんな感じです!いかがでしたでしょうか?ちょっと行ってみたくなりました?

滑床渓谷は、何度行っても癒される、文句なしにおすすめの場所です。万年荘は、長年にわたって滑床を訪れる方々のサポートをしてきた施設です。万年荘に常駐しているスタッフは、イクメン系のお兄さん達なので、小さなお子様や、赤ちゃんも大歓迎!そして、まさに指折りの「滑床渓谷のプロ」の方たちですので、なんでもお気軽にご相談頂けます。

滑床行くなら万年荘!皆様のご利用をスタッフ一同、お待ちしております!

 

万年荘(滑床アウトドアセンター)情報

滑床キャンプ場予約についてはコチラ

Mercado Blog に戻る