shimanami_onomichi_02_18

 

ひーくんシリーズ番外編 Part.2!ばーばとの〈しまなみ海道&尾道旅行〉つづきです。今回は1泊目に泊まった宿のお話し。



tensen

前回のつづきです。1日目、しまなみを満喫したひーくん&ばーば一行は、しまなみ海道を渡り切ったその先の広島県へ。1泊目は尾道に泊まります。泊まった宿ははこちら。

shimanami_onomichi_02_04

shimanami_onomichi_02_03

尾道の千光寺公園の小高い丘の中腹にある旅館「千光寺山荘」です。昔ながらの旅館でしたが、スタッフの方の感じもとても良くて、ゆっくり休めました。写真は受付の方。ひーくんを「かわいいですね~♡」と終始かわいがってくれました。

部屋は3階(最上階)角部屋で、一番眺めの良い部屋でした。

shimanami_onomichi_02_05

ご覧ください!この夜景。これ、部屋の窓からの眺めです。

shimanami_onomichi_02_06

部屋は広めの和室。トイレ付。ひーくんがベッドで寝れないので(落ちるから)和室、ばーばとかーちゃんの希望でトイレ付の部屋を予約。今回、宿の予約はぼくの妹(東京在住)が手配してくれました。赤ちゃんとおばあちゃんとぼくら夫婦のいろんな要望に頭を悩ませてくれたのですが、結果は大成功。どちらの宿も(1日目も2日目も)とても良かったです。写真は仲居さんが夕飯の用意をしてくれているところ。部屋食できたのも、ひーくんにとってありがたかったポイント。あ、ちなみにこの旅館、一応赤ちゃんプランというので予約しました。

shimanami_onomichi_02_08

shimanami_onomichi_02_07

shimanami_onomichi_02_01

shimanami_onomichi_02_09

こちらが夕飯。ちょっとした懐石風で美味しかったです。お肉は豚肉。煮魚はメバル。最後の写真のお料理が凝ってました。いろんな具が入った、蓮根のしんじょう。下に敷いてあるのは桜の葉でした。こういうの一品あると、全体がぐっとしまって充実度がグンとUPしますね。

shimanami_onomichi_02_10

仲居さんが敷いてくれた布団。この敷き方…って、独特ですよね?実は、先日行った別府(大分県)の旅館でもこの敷き方でした。西日本特有?の敷き方なのでしょうか。

大浴場のお風呂も、ちょうどあまり人がいない時間にゆっくり入れました。

 

翌朝、朝もやに包まれた尾道の眺めです。

shimanami_onomichi_02_12

shimanami_onomichi_02_11

shimanami_onomichi_02_15

同じ階にある展望スペース。川のように見えるのは海で、対岸のように見えるのは向島。島に行くフェリーや、尾道駅周辺が一望できます。この日はこの後、ちょうどここから眺めた辺りを散策しました。

と、その前に旅館の朝ごはんです。

shimanami_onomichi_02_17

shimanami_onomichi_02_14

朝ごはんもしっかり出てきました。お鍋の中身はなんと目玉焼き。

shimanami_onomichi_02_13

ひーくんも一緒に朝ごはん。ばーばにとってはかけがえのない時間。かーちゃんにとっては、自分の食事もままならない時間ですw。

shimanami_onomichi_02_19

shimanami_onomichi_02_16

さあ!朝ごはんも食べたし、ひーくんも着替えて、尾道散策に繰り出します。

というところで、次回につづく~!

つづく

 

ひーくん、ばーばとしまなみ海道&尾道を旅するの巻 Part.1

ひーくん、ばーばとしまなみ海道&尾道を旅するの巻 Part.3

◎ ひーくん、ばーばとしまなみ海道&尾道を旅するの巻 Part.4

◎ ひーくん、ばーばとしまなみ海道&尾道を旅するの巻 Part.5

千光寺山荘ホームページ

◎ Mercado Blog に戻る