河後森と書いて「かごもり」と読みます。松野町の山城跡、河後森城跡にのぼってきました~!

(実はちゃんとのぼったのは初めて!)





 

続日本100名城に選定された河森城跡

松野町に暮らして5年。

実はちゃんと上までのぼったことがなかった河後森城。

先日、ひーくんとのさんぽの途中でふと思い立ち、突発的にのぼってきました。

 

河後森城跡の歴史的背景などの詳細はこちら!

 河後森城のページ(松野町公式サイト)

河後森城(Wikipedia)

ロゴデザインなどを担当した、松野町の道の駅虹の森公園の産直「かごもり市場」のネーミングはこの河後森城から来ています(かごもり市場のネーミングもメルカドデザインが考案)。

 

というわけでのぼってみました!

登城口には駐車場があり、そこまでは車で行けます。

駐車場には城跡の全体マップがありました。

駐車場から登城口の方向を見るとこんな感じ。

さらに少し進むとこんな感じです。

ここがおそらく登城口。ここから道順的には左方向に進みます。

さあのぼるよ~!

ご覧のとおり、割とふつうに山登りな感じでした。

(前述のとおり)この日は突発的にのぼったので、ひーくんと一緒です。

ただし、写真のようにひーくんが歩いたのは1割ぐらい笑

残り9割ひーくんを抱っこしてのぼりました。ひ~!

いやもう、汗だくでした。





 

西第十曲輪から本郭へ

河後森城跡は、全体が馬蹄形の山城です。

その馬蹄形に沿って、ぐる~っとまわるように登ります

予想と違って、もはやプチ登山。

 

まず最初にたどり着くのが、西第十曲輪。

西第十曲輪の入口の門。

ここが西第十曲輪。河後森城跡の中で唯一の建物があります。

建物は補修中。作業をされていた方たちとタ~ッチ!

西第十曲輪から先に進みます。

他の曲輪に建物はないですが、馬蹄形に沿う曲輪をたどって本郭を目指します。

曲輪と曲輪のあいだにある堀切。

本郭まであと一歩!

というわけで、頂上地点にある本郭にとうちゃく~!

ひーくん抱っこしてのぼって、ここまで20分ぐらいだったでしょうか。

この本郭から、松野町の中心部(松丸地区)が一望できます。

眼下に見えるのは広見川。川の向こう側の右端に見えるのが道の駅です。

いい眺めですね~!





 

旅人は同じ道を戻らない

帰りは別ルートで下れます。

ひーくん抱っこしてるので、下りは慎重に。

少し下るともうひとつ門がありました。古城の門?

さらに下ると、この分岐点に出ます。

たぶんこの先を進むと新城があるのだと思います、が!もはや汗だくもいいとこで、ひーくん抱っこしての下山も限界なので、新城へは向かわず素直に登城口方面へ下りました。

ここから登城口までは、もうほんの数分でした。

というわけで無事下山!

正直、もっと簡単に行けるイメージだったのですが笑 予想に反してのプチ登山も汗だくにはなったものの、ひーくんを頂上にも連れて行けたのでよかったです。

以上、河後森城にのぼってみた!でした~

 


 

 河後森城のページ(松野町公式サイト)