内子町小田の「小田燈籠まつり」に家族で行ってきました!ものすご~く雰囲気の良い地元のお祭りという感じでわが家にぴったり。行ってよかった~!





 

先日、2017年7月29日(土)に開催された小田燈籠まつりに行ってきました~!

 

内子町の里山、小田地区。

小田は、内子の町並みのあるエリアから車で30分ほど入ったところにある、内子の里山です。

道の駅小田の郷せせらぎ

オダメイドなどでのブランド化も進む「道の駅小田の郷せせらぎ」は小田にある道の駅。

小田の中心部からもう少し奥に入れば、紅葉で有名な「小田深山渓谷」もあります。

★ 小田深山渓谷(内子さんぽ)

小田深山渓谷の紅葉も素晴らしいみたいなので、今年は行ってみたいですね~。

 


 

…という感じの内子町小田地区

内子の町並みエリアから、道の駅からりの前を通り過ぎ、小田川に沿ってひたすら山の方へ進むと行ける小田エリア。

ぼくらもちゃんと行くのは初めてだったのですが、小田までの道すがらは、想像よりもずいぶん家がたくさんある地域なんだな~というのが第一印象

小田地区の手前に通り過ぎた、大瀬地区もずいぶん大きな集落でしたし。

 

内子から車で30分弱。

「えっ?ここ?こんな家たくさんあるとこなの?」という感じで到着した小田は、高校まである大きな集落でした。

着いたのは18:30ぐらいでしたが、さすがに道の駅の駐車場は満杯で、たくさんの係員の方に誘導されて少し上のほうの駐車場へ。

どこなのかよくわからず誘導されるままに停めましたが、結果的にはかなりいい場所の駐車場に。帰るときには路上も埋め尽くされていたので「あの時間に来て正解だったんだね~」と奥さんと話したほどでした。





 

ものすご~く雰囲気の良い地元のお祭り!

車を降りてさっそくお祭りがやっていそうな方へ。

駐車場から坂を下りたあたり。なんだかよい雰囲気の町だな~というのが第一印象。

古い家々や商店がとってもよい雰囲気。

こんな山奥なのに、商店街の雰囲気がよくていい感じです

なんとなく、別府の町の古い商店街を思い出すのですが、小田深山渓谷が観光地として優秀な証拠かもな~と思った小田の目抜き通りでした。

小田の名物たらいうどんのお店。

お祭りの商店街に流れる音楽や、アナウンスの声もいい雰囲気。

内子の銘菓「ゆずっ子」の琴松堂も小田にあります。

旅館も何軒か見かけました。

さて!燈籠まつりです。

商店街入口の家の前にスケジュール表が掲示されていました。

いま18:30で、燈籠流しは20:15頃からで、最大の見ものであるところの「軍船に火矢を放つ」のは21:00から。21:00はちょっとひーくんには厳しそうだな~と言いつつ、とりあえずお祭りをぶらぶらしてみました。





 

これぞローカルなお祭り~!

お祭りは小田の商店街に沿って展開。

思っていたよりいろんな露天が出ていてひーくんもテンションUP~!です。

割と若い女子率も高かった気が。

机とイスが並ぶ宴会エリアも1カ所でなく何か所かありました。

ローカルなお祭りにしては、けっこう人出が多いみたい。

お店の軒先に吊るされた、子どもの描いた燈籠がめちゃくちゃかわいかった!です。

ひーくんはおばちゃんたちと「たっち~!」

あ!っと、ひーくんが指さす先から…

最初の山車(ログハウス風)が登場~!

なんか雰囲気いいですよね~





 

夕暮れの商店街

やがてだんだん陽も暮れてきました。

大繁盛していた金魚すくいコーナー。1回200円、6回1000円。

ひーくんは見るだけで十分楽しかったみたいです。「しゅんごい!」連発してました。

女子高生とも「たっち~!」





 

いろいろな山車の練り歩き

ローカルなお祭りの雰囲気を満喫していると、いろんな山車が登場しはじめました。

まずは龍頭船。

これは太鼓連かな

ちっちゃい女の子と大人の女性の登貴姫牛車。

この燈籠祭りは、平家落人の登貴姫伝説に由来するものなのだとか。

最後に複数の大絵燈籠が練り歩き。

ここまでで20時ちょうどぐらいでした。





 

ちょっとだけ見れた燈籠流し

さて、肝心の燈籠流しですが…ちょっとだけ見れました笑

この辺でもうひーくんが限界に近かったので(ここまででも割とぐずらずがんばった)本部のおじさんに聞いたら「もうぼちぼち始まってますよ」という燈籠流しを見に川の方へ。

この看板から脇へそれて川岸へ。

たしかに少しずつ燈籠流しはじめてました!

たぶんあと1時間後ぐらいには、燈籠が川面を埋め尽くす情景が眺められるのだろうな~と思いますが、ひーくんも限界なので今年はここまで。

ちなみに21:00からは、紙でできた大きな船を川に流し、それに火矢を放って炎上させるというクライマックスも。

内子町の公式観光サイトには、その様子がわかる写真が載っています。

★ 小田燈籠まつり(内子さんぽ)

 

というわけで、燈籠流しも少しだけ見れたし、ほんと大満足!でした。

それにしても小田は、とっても雰囲気のよいところ!でした。

お祭りだったからでしょうけれど、若い人も多かったですが、帰省客の方だけでなく、移住者の方も多いのかな?という雰囲気でした。

道の駅も見れなかったので、次回は小田深山渓谷にも足を運んでみたいと思います。

以上、内子の小田燈籠まつりでした~!

 


 

小田燈籠まつり情報

小田燈籠まつり|内子さんぽ

小田深山渓谷|内子さんぽ