初めて内子町を訪れ「これはすごい!」と感動すると同時にこう思いました。「まるでホイアンみたいだ!」 情緒あふれる黄色い壁の町並みといえば思い出す、ベトナムの世界遺産の町「ホイアン」と「内子の町並み」。今回あえて並べてみます!



tensen

 

内子町はまるで日本のホイアン

ホイアンをご存じでしょうか?

南北に細長いベトナムの真ん中あたりにある世界遺産の町です。ぼくらは、世界一周の旅をしたときにホイアンも訪れました。

 小さな世界一周/ホイアン

19世紀まで港町として繁栄し、当時の古い町並みが残る「古都ホイアン」。実は日本とも縁が深い町で、朱印船時代の江戸幕府と交易があり、なんと日本人街までありました。

そんな、ホイアン。

内子町を初めて訪れ、内子の古い町並みと、その保存状態の素晴らしさに「こ、これはすごい!」と感動すると同時に、ぼくは「まるでホイアンみたいだ」と、思ったのです。

一方は港町で、もう一方はどちらかといえば山の中にある町です。そっくり同じ!というわけではなく、あくまで両方を訪れたことのある「ぼくの個人的な印象ですがw

ですが!あえて今回は、この2つの町の写真を、一緒に並べてみます!

(やってみたかったんです)

 

愛媛が誇る内子の町並み

まずは、内子の町並み!をだーっと並べてみます。ご覧ください。

※今回の内子町の写真は、前回の大晦日の写真と、1年半前の写真の混合です。

素晴らしい景観。随所に見られる骨太な意匠。

ここもすごい!です。

内子の正月飾りは、このタイプが多いみたいでした。

こちらは御宿。内子の町並みには、宿泊可能な古い町家も何軒かあります。

あいにくの曇り空と、ぼくの拙い写真では、内子の町並みの素晴らしさがほんの少ししか伝わらなくて恐縮です…。実際の内子町この何倍も素晴らしい!です。

ぜひ一度足を運んでみてください。超おすすめ!



tensen

 

世界遺産の古い港町ホイアン

そして!世界遺産の町、ベトナムのホイアンです。

※写真は2010年当時のもの。

どうですか?なんとなく似てません?

中国人街を中心としたホイアンの町並み。

町全体に、こういう黄色い壁の家々が軒を連ねます。

ホイアンでも、道に面した商店あり、玄関を入ると奥行きの深い町家ありと、家々の構造もどことなく内子と似ているような…。

ホイアンの観光名所のひとつ。その名も「日本橋」です。

日本人が作ったといわれている橋です。

屋根のある橋の中には、お稲荷さん。内子とホイアンと狐…。なんだか縁を感じます。

ホイアン観光の極めつけはこちら!

河口の水面に映る、ホイアンの夜景。まるでゴッホの絵のようでした。

 

というわけで、内子ホイアン、並べてご覧頂きましたがいかがでしたでしょうか?

(やってみたかったんです)

内子の町並みが、世界遺産に劣らないクオリティを有していることが、少しでも伝わればいいな~と思って書いた今回の記事。こういう機会に、少しでも知って頂けたら幸いです。

今回の記事は、あくまでぼくの個人的見解ですがw

世界一周でホイアンに行って、後に内子町を訪れたぼくにとって、内子町は日本のホイアンといえるのではないか、と思います。

いずれにしても(規模は違えど)内子の町並みは、世界遺産に決して劣らない素晴らしい魅力があるのは間違いありません。そしてまた、もし突然、内子町が世界遺産に認定されたとしても対応可能な保存状態と、町の方々の高い意識が、内子町にはあると思います。

内子町については、まだまだ書きたいことだらけですので、このブログでもまた何かしらご紹介させていただくと思います。

日本のホイアン内子町

愛媛を訪れる際には、ぜひ内子の素晴らしい町並みへ、足をお運びくださいませ~!

 

小さな世界一周(ぼくら夫婦の世界一周旅ブログ)

内子町公式観光サイト「内子さんぽ」

内子×メルカドデザイン!内子町並コレクション全9種

◎ 内子町並コレクションサイン全9種 その②!

◎ Mercado Blog に戻る