メルカドデザイン

 

言わずと知れた台湾朝ごはんの定番〈豆漿〉。最近、奥さんが独自にマスターして、よく朝ごはんに作ってくれます。朝から豆乳系メニューいいですよ~!



tensen

 

奥さんオリジナル〈鹹豆漿〉

豆漿(どうじゃん)は、台湾朝ごはんの定番メニュー。豆漿とは豆乳のこと。いわゆる台湾の豆漿は、もっとふつうの豆乳っぽい感じで、ホットなのも冷たいのもあり、台湾の揚げパン、油條といっしょに食べるのが定番。

奥さんが作ってくれたのは、このいわゆる豆漿ではなく、ぼくらが台湾を旅したときに食べた〈鹹豆漿〉(しぇんどうじゃん)に近いもの。

鹹豆漿〉は、豆漿に油條などが具として入っている、豆乳スープというか、おぼろ豆腐というか、そういう料理で、これも台湾では朝ごはんによく食べられています。

奥さんが作る〈鹹豆漿〉は、あくまで独自のもの。ぼくが作り方聞いてもよくわかりませんが、無調整豆乳に、マレーシアで買った干しエビや鶏ガラスープなど、いろいろ入れて、さらにオリジナルのアレンジも加わえて作るとのこと。

ポイントは、お酢。

無調整豆乳にお酢を入れるとあら不思議。おぼろ豆腐のように固まるのだそうです。

うまそ~!めっちゃ美味しいです!

具に油條は入っていませんが、代わりにこんなのが入っています。

餃子!合うんですよこれが。めっちゃおいしかったです。

うちの奥さんは、皮から小籠包を作ってしまうほどの料理好き。奥さんお手製の小籠包や、肉まん、手打ち麺のジャージャー麺とか、うまかったな~。

奥さんのそういったお手製スペシャルは、完全に気まぐれなので、いつ食べられるかはわかりません。でもきっと、ひーくんがもう少しいろいろ食べられるようになったら、すごいの色々作ってくれると思います。楽しみ!



tensen

 

いつかの台湾で食べた鹹豆漿

今から2年前(愛媛に移住して2年目)に、ぼくらは夫婦で台湾に行きました。3泊4日と短く、台北だけでしたが、ものすっごく楽しくて完全に台湾にハマったのです。夜市や屋台や食堂をこれでもか!と、腹パンパン、足が棒になるまで食べ歩きました。

実は、台湾には結婚前にも一度行ったことがあるのです。でもそのときはまだ、世界一周前のへなちょこ旅行者だったので(特にぼくが)、るるぶ片手に、行く店も鼎泰豊だけ、みたいな感じで、まったく台湾の魅力を理解せずに終わりました。

ところが、2年前に訪れた台湾の楽しいこと!台北だけにしたことが悔やまれ(それでも日数足りない感じでしたが)、次回は絶対に高雄、台南へ行こう!と心に誓いました。

で、その2年前に台湾で食べた鹹豆漿〉がこちら。

豆漿に油條やネギが入っている〈鹹豆漿〉。朝から心身ともに癒されるようなおいしさでした。個人的には、ふつうの豆漿&油條より、こちらの鹹豆漿の方が断然好みです。

見た目的には、奥さんの〈鹹豆漿〉もかなりイイ線いってますよね?

食べたのはこちらのお店。

鼎元豆漿」という老舗の朝ごはん屋さん。鹹豆漿がおいしくて、滞在中2日続けて通ってしまったお店です。台北に滞在する旅行者にはアクセスもしやすいのでおススメ。(最後にお店情報あります)

こちらは、鹹豆漿といっしょに食べた小籠包。サイズ大き目で、朝からおなか一杯に。

なんというメニューか忘れてしまったのですが、いっしょに食べた水煎包のような肉まん。

ちなみにこのときは、鹹豆漿が約90円(25NTD)、小籠包が約324円(90NTD)でした。安いんですよ~台湾!わが家の好きなパターンです。安くておいしい国!

来年こそは、また行きたい!です。

早く、ひーくんのパスポート取って、必ず行くぞ~!

 

★ 鼎元豆漿のお店情報(台北ナビ)

愛媛のみかん〈奥さんお手製〉フレッシュジュース。

祝!結婚10周年記念

奥さんの「お麩(ふ)ラスク」

里山、旬の栗ごはん

◎ Mercado Blog に戻る